投稿日 :

みをつくし料理帖 髙田郁

ハルキ文庫から刊行されている、髙田郁の『みをつくし料理帖』。先日ケーブルテレビで放送されていた松本穂香主演の映画『みをつくし料理帖』を見たあと、原作をまた読みたくなったので本棚から引っ張り出して再読中だ。

享和2年に大坂の町を襲った水害で両親を亡くし、天涯孤独となった少女・澪。江戸へ下り、神田「つる家」の料理人として働くが、大坂と江戸との違いに悩まされながら試行錯誤の日々を過ごす。澪の女料理人としての成長と、幼馴染との友情を描いた物語。

健気で真っすぐな澪が、幾度となく訪れる艱難辛苦を、さまざまな出会いに助けられながらも、気丈に乗り越えていくその姿に元気を貰える。また、澪を温かく見守る周りの人々の、人情あふれる優しさに心が温かくなる。

全部で11作あるのでまだ途中だが、やっぱり面白いねコレ。結構久しぶりに読んだからか、忘れている話も多くて新鮮。このまま最終巻まで一気に読んでしまうかな。

ちなみに映画の方はというと、原作の所々を詰め込んだダイジェストという感じ。いろいろな料理にたどり着く過程も、すっぱりと省かれていたのは少し残念。そのあたりは、以前NHKで放送していた黒木華主演の連続ドラマの方が、しっかりと描かれていたかな。でも、角川映画っぽい懐かしい雰囲気が全体に漂っていたのは、なんだか良かった。