投稿日 :

ビアトリクス・ポター生誕150周年記念 ピーターラビットの世界展

砺波市のチューリップ四季彩館で開催されている「ビアトリクス・ポター生誕150周年記念 ピーターラビットの世界展」に行ってきた。

大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館のコレクションをはじめ、ビアトリクス・ポター生誕150周年を記念して制作された、ピーターラビットとのコラボレーション作品などが多数展示されていた。

ピーターラビットシリーズの原型となった絵手紙や絵本の初版本、当時の公式ピーターラビットグッズなどが、ビアトリクス・ポターの生涯とともに紹介されており、どれもほんとうに貴重なモノばかり。

ほかにも、日本におけるピーターラビットの歴史として、当時の紙芝居や児童書などもあった。これらもなかなか目にすることのない珍品。

また、「ピーターラビットの世界展」のチケットで、チューリップ四季彩館の有料ガーデンにも入場できたのだが、庭のあちこちで、チューリップに紛れたピータラビットたちが顔を覗かせており、こちらでもピーターラビットの世界を楽しむことができた。

そういえば、以前にビアトリクス・ポターの半生を描いた映画『ミス・ポター』のレビューも投稿したけれど、あの映画も良かったなぁ。また観てみようかな。