投稿日 :

ほろ苦さがたまらない、ふきのとう

春の味覚といえば、ふきのとう。みじん切りにして味噌などと混ぜて炒めた「ふき味噌」があれば、ほかにおかずがなくてもご飯がすすむ。砂糖などで甘くしない、ほろ苦さの残っている方が好み。

あと、ふきのとうは天ぷらにしても美味しいよね。子供のころは嫌いだった、あのほろ苦さも今では大好物。あぁ、たまらない。

富山湾の神秘・ホタルイカも、ぼちぼちお値打ち価格に落ち着いてきたし、これから春の旬なモノをたくさん食べられるといいな。