投稿日 :

岩合光昭写真展 ねことじいちゃん

富山テレビ放送開局50周年記念イベントの一環で、富山市民プラザで開催されている「岩合光昭写真展 ねことじいちゃん」に行ってきた。動物写真家・岩合光昭が、初監督映画『ねことじいちゃん』の撮影の合間に撮っていたスチールの写真展。

なぜ富山テレビで岩合光昭? と思ったら、映画の主演は、富山出身の落語家・立川志の輔。会場内には、映画の予告編も流れていた。全編猫だらけだそうなので、猫好きにはたまらない映画になっているのだろう。

もちろん、会場内で展示されている約160点のパネルも猫だらけ。映画に登場するたくさんの猫たちの、愛らしい姿であふれている。動物写真家というだけあって、世界中で色々な動物を撮っているけれど、岩合光昭といえばやっぱり猫だよね。

写真展に行った日は初日だったので、岩合光昭本人も来ていた。会場内でのギャラリートークもあり、撮影時の裏話など、面白い話をたくさん聞けた。

NHKで放送されている『岩合光昭の世界ネコ歩き』もそうだけど、猫のいろんな仕草や表情を、ほんとうに魅力的に撮る人だよね。見ているといつも猫を飼いたくなってしまう。

ここ数年、空前の猫ブームがしばらく続いているけれど、さて、岩合さんの名台詞「いい猫(こ)だね〜」が流行語大賞になる日は来るのだろうか。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL

https://pocket-base.com/blog/2019/01/iwago-mitsuaki-nekojii/trackback/