投稿日 :

ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

スタジオジブリの設立から30年間の歩みを体感できる特別企画「ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~」が、富山市ガラス美術館で開催されている。数年前に始まった巡回展が、やっと富山に。

映画公開当時のポスターやチラシ、新聞や中吊りといった、さまざまな媒体の広告、宣伝のためのグッズなど、膨大な数の資料が、会場内に所狭しと展示されている。

また、制作資料や企画書など、貴重な未公開モノも多数展示。多くの人に愛されているジブリ映画が、どのように生み出され、世に送り出されたのか。普段目にすることのない、作品作りの裏側を垣間見ることができて、とても面白かった。

いい作品を作るだけでは駄目。一人でも多くの人に見てもらわなければならない。そのためには何をどう伝え、どう宣伝すればいいのか。

キャッチコピーやタイトルロゴ、ポスターのデザインなどを決定するまで、何度も試行錯誤を重ねていく様子がとても興味深く、そのコーナーではつい長居を。楽しいジブリ映画の裏には、作品に込められた熱い想いや産みの苦しみといったモノが隠されていた。

なお、富山展では、ここでしか見られない「ジブリの幻燈楼」がある。富山のガラス作家たちによる作品で、幻燈楼から壁に色とりどりのジブリキャラクターたちが映し出され、幻想的な空間に。ここは大人よりも子供たちがはしゃいでいたなぁ。

そういえば、パンフレットを買おうと思っていたのに忘れてた。グッズ販売コーナーは入場チケットがなくても入れたので、今度近くまで行った時に買ってこよう。