投稿日 :

海のそばの無人駅

今でこそ、少し車を走らせればすぐに海へ行けるのだが、子供のころは、ワクワクしながら電車に乗って行っていた。

街の中を電車に揺られながら走り、海のそばの無人駅に差しかかった時、急に景色が開け、その先に見える青い海に、こう叫ばずにはいられなかった。

「海だーーーーーーっ!」

あの頃の純粋なこころ、いったいどこに落としてきたんだろう。

GR DIGITAL III - GR BLOG トラックバック企画「海」に参加