投稿日 :

マリと子犬の物語

新潟県中越地震での実話を描いた絵本、『山古志村のマリと三匹の子犬』をもとに映画化した、『マリと子犬の物語』を観てきた。

観ようかどうしようか迷っていたのだが、昨年末にテレビでやっていた『マリ山古志へ帰ろう! 〜ドキュメント マリと子犬の物語〜』を見て、やっぱり観てみることに。

実際の話というか絵本の方では、おじいさんとマリと三匹の子犬がメインの話だが、映画では大枠の設定だけを使って、子供を出したりといろいろ脚色しているようだ。しかし、そうやって感動作として定番の作りにすることで、小さな子供から大人まで、万人に受けるであろう作品に仕上がっている。また、泣き所などもしっかりと押さえており、泣くために観に行って、期待通りにしっかりと泣いて帰ってきた。

ただ、休日の昼間に観に行ったためか、結構子供連れの家族が多く、上映中でもあちらこちらから話し声が聞こえてきて、集中できなかったのは少し残念だったかな。レイトショーなどで観たほうが集中できてよかったかもしれない。

フィードバック

  1. 風我 より

    マリと子犬の物語... “これは、実話から生まれた、いのちの物語。” 誰もいな…

  2. 映画「マリと子犬の物語」... 監督:猪股隆一 出演:船越英一郎、松本明子、高…

  3. マリと子犬の物語/船越英一郎... 予告編を観ただけでもウルっときちゃうという…

  4. 『マリと子犬の物語』... □作品オフィシャルサイト 「マリと子犬の物語」□…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/01/mari-koinu/trackback/