投稿日 :

紅葉と冬支度の金沢を街ぶら

石川県の新型コロナ対策が、ステージ2(感染拡大注意報)からステージ1(感染要注意)へ移行し、県境をまたぐ移動の自粛が解除されたので、約1年ぶりに金沢を街ぶらしてきた。

久しぶりな金沢の街には観光客などで大勢の人が。バスで通った時にチラリと見た近江町市場なんて、とんでもない人混み。やっぱり金沢人気は凄いな。

せっかくだし紅葉を愛でてこようかなと兼六園へ。まあ、どちらかというと松の木が多い感じで、紅葉はそこそこなんだけどね。それでも、冬の風物詩といえる「雪吊り」が、園内の至る所で観光客の目を楽しませていた。すっかり冬支度が完了だね。

兼六園をはじめとした金沢の街には、あちこちで赤や黄色の紅葉を目にした。でも、先週から急に気温が下がって霰も何度か降ったし、冬本番はもうすぐそこまで。

朝から夕方まで、紅葉も楽しめたし、お気に入りのお店をいくつか回って自分への誕プレも買ったし、満足な一日だった。