投稿日 :

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック ―モダン・パリのエレガンス―

TOYAMAキラリの富山市ガラス美術館で開催されている「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック ―モダン・パリのエレガンス―」に行ってきた。

世界有数のルネ・ラリックのガラス芸術作品をコレクションしている長野県諏訪市の北澤美術館から、厳選された作品が富山市ガラス美術館にやって来ている。

19世紀末から20世紀初頭のフランスの工芸家・ルネ・ラリック。アール・ヌーヴォーからアール・デコと、ヨーロッパ美術が繁栄した両時代にわたって活躍していた。金細工師や宝飾デザイナーとしても名声を得ていたが、ラリックといえばやはりガラス工芸だろう。

小さな香水瓶から建築装飾に至るまで、さまざまな分野のガラス工芸作品を発表し、現在でも世界中にコレクターがいる人気のガラス工芸家だ。

どの作品も美しいデザインで、光の当たる角度や見る角度によって、まったく違う表情を見せてくれる。本物を間近で見ることで、ガラス工芸はまさに光の芸術なんだと実感することができた。

ラリック作品の中でも、前から見てみたかった、カーマスコットもいくつか展示されていたので大満足。しかし、あんなのを車に付けていたら、今の時代だとすぐにやられちゃうよね。