投稿日 :

川の水面を鯉のぼりが泳ぐ、浅の川鯉流し

先週末のこどもの日の前日、天気が良かったので金沢まで出かけ、浅野川の梅ノ橋付近で毎年開催されている「浅の川鯉流し」に行ってきた。

かつては浅野川のあちこちで日常的に見られた友禅流しのように、色とりどりの鯉のぼりが水面を泳ぐ、浅の川鯉流し。半袖でも充分な暑さだったこの日は、浅野川をただよう鯉のぼりの様子が、とても涼しげだった。

梅ノ橋は、すぐ近くある東山や主計町の茶屋街と雰囲気の合った、趣のある橋。木製の高欄が美しいこの橋でも、気持ちのいい風が吹くたびに、吊るされた沢山の鯉のぼりがはためいていた。

最近は鯉のぼりを上げている家をほんとうに見なくなったよね。アパートやマンションは仕方がないとしても、うちの方は田舎なのでほぼ一軒家ばかりなのに、それでも鯉のぼりはあまり見かけない。

その代わりといってはなんだけど、子供の成長を願う端午の節句に合わせたこのイベントには、子供連れの家族がたくさん来ているようだった。地域の子供たちもいっぱい遊びに来ているようだったし、いいイベントだね。