投稿日 :

氷見の土蔵で、みなとがわのみのいち

氷見市で開催されていた「みなとがわのみのいち」に行ってきた。歴史的な建物の活用と保存、川沿いの賑わいづくり、風景の魅力発信を目的として、定期的に開催されている蚤の市だ。

会場は、氷見市の中心市街地を流れる湊川沿いにある、歴史的建造物の土蔵を改修した「みなとがわ倉庫」。大正10年の建造で、当時は米を貯蔵する米蔵として使用されており、傍らの湊川を利用して米を運んでいたそうだ。

そんな土蔵の倉庫に、雑貨や古道具、洋服やアクセサリーのほか、飲食店など、個性豊かな32店舗が集まっていた。古道具屋さんでは、懐かしい薬屋のノベルティ人形を入手し、少し早いランチに、平日営業のみなのでなかなか行けない「ひみつカレー」のカレーを食べてきた。

天気が良かったので、そばの湊川沿いも少し散策してきた。この日は川の水が少し濁っていたけれど、カワセミもいたし、普段はもっと水が綺麗なんだろうね。

帰りは、海沿いの公園や浜などに寄り道をしてきた。この日はずいぶんと風が強く、公園では、海の近くに寄ると波しぶきが舞い上がって潮水が掛かるわ、展望台は強風で揺れて怖いわで、人が少なかったけれど、浜ではいい波が来ていたおかげか、サーファーが結構出ていたなぁ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL

https://pocket-base.com/blog/2018/05/minatogawa-nominoichi/trackback/