投稿日 :

THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018

高岡市美術館で開催されている、「THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018」に行ってきた。昨年末に六本木で開催されていた「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の全国巡回展第1弾。まずは、藤子・F・不二雄の故郷、高岡で始まった。

この展覧会は、2002年に行われた「THEドラえもん展」の続編。(高岡では2004年に開催された。)国内外で活躍する28組のアーティストたちが、「あなたのドラえもんをつくってください。」というテーマを与えられて作った作品が展示されている。前回に続いて参加しているアーティストは、2002年の作品も併せて展示。

ドラえもんといえば、日本中の誰もが子供のころから慣れ親しんできたキャラクター。とうぜん心の中に残っているドラえもんの姿や思い入れも十人十色。そんな、それぞれのドラえもんに対する思いの違いが、さまざまな手法による、多種多様な作品に表れていて面白かった。

ドラえもん展というタイトルが付いているので、漫画やアニメよりの展覧会かと思われがちだが、これは現代アート展だね。どの作品も、見ていると、懐かしさとともに新しさも感じられる。自分ならどういうふうに表現するかなぁ。

この「THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018」は、ゴールデンウィークいっぱい開催されている。子供だけではなく、むしろ大人が楽しめる展覧会だ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

https://pocket-base.com/blog/2018/03/the-doraemonten-takaoka-2018/trackback/