投稿日 :

田園発 港行き自転車 上・下 宮本輝

滑川駅で父が突然亡くなった。駅前には一台の自転車が取り残されていた。父は、宮崎へ出張に行ったはずなのに、なぜ―。十五年後、絵本作家になった娘・真帆は父の足跡を辿り富山へと向かった。一方、東京で桃いていた千春は、都会での生活に疲れ故郷へと戻る。そこで年下の従弟・佑樹と入善の町に広がる田園風景に癒されていく。富山・京都・東京、三都市の家族の運命が静かに交差する物語。

宮本輝『田園発 港行き自転車 上』(集英社、2018年)、カバー

宮本輝の『田園発 港行き自転車』上・下巻、集英社文庫版を読んだ。富山の地方紙・北日本新聞にて、2012年の正月から約3年弱、毎週日曜日に連載されていた新聞小説で、2015年に単行本化されたモノの文庫版だ。

富山・東京・京都を舞台にし、それぞれで暮らす登場人物の数奇な運命が交錯する様が描かれている。物語の視点も、違う人物へ次々と変わり、読み進めていくにつれ、おのおのが不思議な縁でつながっていることも、少しずつ解き明かされていく。

この小説には主要な人物が多数登場しているが、主人公という存在がいない。むしろ、次々と登場する人物の人生が巧みに紡ぎだされ、すべての登場人物が主人公となっているようだ。それが、これほどの長編小説なのに、大きな山場がなくても、物語に引き込まれて、一気に読了してしまった要因なのかもしれない。

また、富山の風景を描いた描写が多いのも、物語の中に入り込んでしまう要因のひとつだったのだろう。富山県といっても呉東地区を舞台にしているので、自分の住んでいるところとは違うけれど、作中に出てくる場所には何度も行ったことがある。そういうシーンでは、頭の中に映像が広がるような感覚で読むこともできた。

もう少し暖かくなったら、物語の中で真帆たちが通ったルートを、自転車で走ってみるのもいいなぁ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

https://pocket-base.com/blog/2018/03/denenhatsu-minatoiki/trackback/