投稿日 :

スピード・レーサー

タツノコプロの名作アニメ『マッハGoGoGo』を、マトリックスシリーズを手がけたアンディ&ラリーのウォシャウスキー兄弟が実写化した映画『スピード・レーサー』を観てきた。

アメリカで原作のアニメ『マッハGoGoGo』が放送されたときには、『Speed Racer』のタイトルで放映され、それが今回の映画のタイトルにもそのまま使われている。ウォシャウスキー兄弟は、昔から『Speed Racer』の大ファンで、最初に観た日本のアニメも、この『Speed Racer』だとか。

ちなみに私は、子供のころ、再放送でアニメの『マッハGoGoGo』を観ていたのだと思うのだが、あまりにも昔のことなので、さすがに内容までは詳しく覚えていない。しかし、子供のころに初めて買ってもらい、初めて自分で作ったプラモデルが、この「マッハ号」だったことは、しっかりと覚えている。ということで、結構思い入れがあり、この映画は是非観ておきたかった。

内容の方だが、この映画はアニメを実写映像化したものではなく、実写を使ったアニメ映画だ。とにかく派手で目が回りそうになるレースシーン。原色バリバリでチカチカする色彩の映像。日本といえば、やはり忍者。と思ったら中韓がゴチャマゼ。そして、お約束の設定。もう、なんというか、ウォシャウスキー兄弟ってば、やりたい放題。なんだっていいじゃん、アニメなんだから。考えるなっ! 感じろっ! という感じ。

観ていると、とにかく楽しくて、あっという間にエンディング。そして、エンドロールでテーマ曲がかかると、またガツンとやられた。ヒップホップ調のテーマ曲には、日本語のオリジナル曲の一部も含まれており、とにかくかっこいい。早速iTunes Storeで購入して、ライブラリに加えておいた。

興行成績はイマイチのようだが、この映画は迫力のある画面と音質の劇場で観てこその映画だと思う。そして、もう一度言わせてもらおう……。考えるなっ! 感じろっ!