投稿日 :

神奈川紀行 横浜篇

神奈川紀行の最後は横浜篇。最初は葉山や鎌倉あたりで宿を探していたのだが、少し遅かったのか、探し方が悪かったのか、目ぼしい所はどこも予約がとれず、アクセスのしやすい横浜に宿を取ることにした。

それならばということで、以前から憧れていた、山下公園そばの「ホテルニューグランド」に泊まることに。ここは、あのマッカーサー元帥も泊まったという、1927年創業の老舗ホテル。当然泊まるのは、新館のタワーではなく、歴史のある旧館の方。雰囲気もとても落ち着いており、宿泊中も静かに過ごせたし、「ル・ノルマンディ」や「熊魚菴 たん熊北店」の朝食も美味しかった。また、こちらも老舗の「バー シーガーディアン II 」では、ゆっくりとお酒を楽しめた。

横浜も久しぶりなので、ホテルの周辺、山下公園やみなとみらいのあたりを少し散策してみることに。ちょっと懐かしかったかも。

港の見える丘公園を抜けて、山手や元町のあたりまでも足を伸ばしてみた。このあたりは、いつ来ても日本とは思えない気がして、なんだかいい感じだ。歩いていると、北原照久の「ブリキのおもちゃ博物館」があったので少し寄ってみることに。アイドル犬のロビー君のお出迎えで、年代物のブリキのおもちゃたちと触れ合ってきた。元町公園の端には「エリスマン邸」や「ベーリックホール」が。こちらにも少し寄り道。

葉山・逗子、鎌倉と、いろいろ回ってきたが、横浜のこのあたりもなかなかいい雰囲気で、田舎の街中の中途半端な自然なんかよりも、よっぽど緑も豊富。ずっと散歩をしていても飽きず、気持ち良かったなぁ。