投稿日 :

ヨコハマ買い出し紀行 第13巻 芦奈野ひとし

芦奈野ひとしの『ヨコハマ買い出し紀行』第13巻。癒し系コミックといえば真っ先に思いつくのがこれかな。特に派手なストーリー展開があるわけでもなく、ただのんびりとした日常の風景を描いただけのようでいて、奥底に一本芯が通った作品。

時間の流れがゆったりとした作品なのだが、前巻あたりからは、そのゆったりとした流れの中でも時の流れを感じさせるようになってきたかな。

派手ではないが何故か印象に残る、なんだか不思議な魅力があるね。漫画というより詩を読んでいるような感じになる作品。