投稿日 :

一番思い出深いMacは、CometことPowerBook 2400c

先月、米Appleのサイトで公開されたMacintoshの誕生30周年記念コンテンツ。日本のAppleのサイトでも、同コンテンツの翻訳版が公開されている。そのコンテンツで、自分の初めてのMacを投稿するとMacの使用年数が表示されるので試してみたところ、初めて使ったMacからもう27年間も経っていた。

そんな27年の間、公私ともにさまざまなMacを使ってきたが、中でも一番思い出深いMacは何かと考えると、やはり1997年5月に発売された「PowerBook 2400c/180」だろう。

PowerBook 2400cは、主に日本市場をターゲットに開発されたサブノート機だ。日本ではかなり人気のあった機種で、コードネームでもある「Comet」の愛称で親しまれた。ユーザの間で改造が大流行したのも、2400cならではの面白い現象だ。専用のカスタムパーツがいろいろと発売され、改造指南サイトなんてのも豊富にあった。みんな自分の2400cをオリジナルにカスタムして、結構楽しんでいたなぁ。

自分のWebサイトも2400cで初めて作ったし、いろいろなサイトオーナーやMacユーザたちと交流が頻繁だったのもこの頃だった。ほんと、Webサイトや2400cを通しては、たくさんの人たちと知り合えた。Macworld EXPO Tokyo ’98の時に、それぞれが愛機の2400cを持ち寄ってやった、Comet大撮影会なんてのも懐かしい。

そんな2400cだが、G3カードなどで延命して長い間使っていたけれど、液晶バックライトの寿命が来てお役ご免となってしまった。それでも捨てきれず、今でも物置の奥に取ってあるのは、やはりひとかたならぬ愛着があるからなのだろう。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2014/02/powerbook-2400c/trackback/