投稿日 :

ラブソングが歌えない 喜多嶋隆

プロのミュージシャンを目指す高校3年の僕、水町涼は七里ケ浜のスタジオで悠子と出会った。ピアニストとして将来を期待される音大生のお嬢。その大人っぽさと時に見せる少女のような無邪気さに僕は恋に落ちた――。孤独な過去を持つ僕と将来に迷いを抱える彼女は、音楽を通じて心を通わせてゆく。だが生きてきた境遇が違いすぎる二人の前には、やがて壁が立ちはだかり……。人生のほろ苦さと青春のきらめきを描く傑作恋愛長編。

喜多嶋隆『ラブソングが歌えない』(角川書店、2011年)、カバー

喜多嶋隆の新刊、『ラブソングが歌えない』が角川文庫より。

新刊といっても発売は先月だけどね。ずっと忙しくて、馬車馬のように働いていたもので……。

今作は、バンドをやっている高校生の少年と、ピアニストの女子大生との、爽やかな恋愛小説だ。

喜多嶋作品で、音楽がモチーフの小説といえば、「Sing」シリーズや、古いのだと「ポニー・テール」シリーズや「カモメ物語」シリーズなんかがあるけれど、今作は、それらよりもラブストーリ色が強いかな。こういう音楽モノもいいね。

ところで、今作は、今までとちょっと趣向が違うところがある。実は、ファンクラブの会員のために、毎月テープかCDで配布されている、書き下ろしのショートストーリー「ココナッツ・クラブ」で以前発表された2作品がベースになっているのだ。

当初はココナッツ・クラブでの作品の続きなのかな? と思っていたが、プロットを変え、別の作品として仕上がっている。

ファンクラブの会員にとっては、読み終わった後に、ココナッツ・クラブを聞き返すことで、二度美味しいお得な作品だ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2011/09/i-cant-sing-love-song/trackback/