投稿日 :

魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち 角野栄子

前作から15年が過ぎ、キキはとんぼさんと結婚して、双子のお母さんになりました。お姉さんのニニと弟のトトは双子なのに性格は正反対。おなじみの登場人物たちのその後と、ふたりの子どもたちの旅立ち……。キキの物語はここに完結を迎えます。

福音館書店「魔女の宅急便 その6」(最終訪問日:2009年10月27日)

角野栄子の児童文学作品『魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち』が福音館書店より。24年前に第1巻が刊行された『魔女の宅急便』シリーズも、ついに最終巻となった。

スタジオジブリのアニメ映画になったのは、原作第1巻のエピソードのみ。13才で、魔女として独り立ちしたキキも、今作では、なんと双子のお母さんになっている。

キキの物語は、前作の『魔女の宅急便 その5 魔法のとまり木』で区切りがついており、今作は、キキの双子の子供たち、姉のニニと弟のトトが主人公といった感じ。

といっても、当然キキやジジ、とんぼさんは登場するし、コキリさんとオキノさん、おソノさんやフクオさん、ノノちゃんやオレくん、ヤアくんやケケといった、いままでに登場した面々や、懐かしい場所も登場し、いつもと変わらない、魔女の宅急便の世界がここにはある。

ほうきで空を飛ぶ魔女はいるけれど、魔女の宅急便の物語は、いつも、ごくごく普通の物語。だから、誰でもキキになれる。そして、キキたちの物語は、これで終わりだけれど、読者それぞれの、魔法の物語が、これから始まる。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2009/10/majotaku-6/trackback/