投稿日 :

寺井尚子クァルテット

高岡文化ホールで行われた寺井尚子クァルテットのコンサートに行ってきた。寺井尚子(ヴァイオリン)に北島直樹(ピアノ)、店網邦雄(ベース)、中沢剛(ドラムス)のクァルテット。

寺井尚子といえば、今一番注目されているであろうジャズヴァイオリニスト。彼女の事を初めて知ったのは、2003年のF1日本グランプリで「君が代」を演奏したときだ。その後興味を持ち、CDもよく聴いていたし、最近はテレビなどのメディアでもよく見かけるようになった。そしてやっと待望の生演奏を聴く機会が。もうチケットを買ってからずっと楽しみで楽しみで……。

オープニングの「Jealousy」に始まり、北島直樹オリジナルの「Blue Bolero」、そしてなんといっても、いちばん聴きたかった「Spain」。彼女の演奏はパッショネートでエモーショナル、そして本当に楽しそうだ。最後の曲、ダブルアンコールの「星に願いを」まで、ステージに引き込まれっぱなしだった。また機会があれば是非聴きに行きたいものだ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2007/06/terainaoko-quartetto/trackback/