投稿日 :

Hamilton Jazzmaster Gent Quartz

近頃よく付けている腕時計は、「Hamilton Jazzmaster Gent Quartz」。今までしていたモノが飽きたというわけではないけれど、見た目が気に入って、しばらく悩んだ末に購入した。ここのところはずっとコレ。

1892年、アメリカのランカスターで創業した「Hamilton(ハミルトン)」。アメリカの歴史と共に発展し、公認鉄道時計や定期航空便公式時計に採用されるなど、その高い技術は折り紙付き。また、独創的なデザインはハリウッドでも支持され、さまざまな映画にHamiltonの腕時計が登場している。

現在では、スイスのスウォッチ・グループ傘下となっており、アメリカンスピリットとスイスのテクノロジーが融合した、ユニークな形、個性、デザインが特徴の、本格的な腕時計メーカーとして人気があるようだ。

そんなHamiltonのラインナップから選んだのが、ジャズマスターシリーズの「Gent Quartz」。シンプルな3針スタイルで、黒の文字盤にシルバーの立体的な楔型インデックスのフェイスは、クラシックでありながらモダン。重厚感漂うステンレスのケースに型押し革ベルトは、クラスを超えた高級感も感じられる。

革ベルトにDバックルが付いているのもイイ。革が傷みにくくなるしく、装着や脱着も簡単なうえ、落下防止にもなって、ものすごく便利だ。

以前から、時計店などに時々寄っては、いろいろなメーカーの腕時計を見ていたのだが、いいなぁと思うのは何時も機械式ムーブメントのモノばかり。ただ、やはり機械式は普段の取り扱いや定期的なメンテナンスが面倒というイメージがある。

そんなところに、クォーツムーブメントでデザインも良く、しっかりとした腕時計メーカーの、Hamilton Jazzmaster Gent Quartzが目に留まった。価格もそこそこしたのでちょっと悩んだけれど、買って良かった。

今ではお気に入りで毎日付けている。ただ、もうすぐ汗をかく季節になるので革ベルトはちょっと心配かな。Hamiltonのベルトは簡単に交換が出来ないし。まあ、そういうときは、前の腕時計にナイロンのNATOベルトを付けて使うという手もあるか。使い分ければいいんだな。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

https://pocket-base.com/blog/2018/04/hamilton-jazzmaster-gent/trackback/