投稿日 :

その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし

家のまわりの田んぼでは田植えも終わり、少しずつ稲が伸び始めているところだが、大麦畑は黄金色に染まり、もうすぐ収穫がはじまりそう。

この時期の大麦畑を見ると思い浮かべるのが、『風の谷のナウシカ』のこの一節。

その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。
失われし大地との絆を結び、遂に人々を青き清浄の地に導かん。

今日はたまたま青いシャツ。大麦畑の畦道を歩いていると、さながらナウシカ気分だ。

まあそんな妄想はおいておいて、昨年の7月、まさに青き衣をまといて金色の野に降り立つ、清浄の地へ導く者たちを、大勢の日本人が目にした。

2011 FIFA女子ワールドカップで優勝した、なでしこジャパンのメンバーたちが、青いユニフォームを着て、表彰式でゴールデンシャワーをあびる様は、東日本大震災で沈みきった我々日本人の心を、清浄の地へ導く者のようだったと思う。

今日、2014 FIFAワールドカップのアジア最終予選が始まった。幸先のいいスタートをきれた今日のゲーム。いつか男子のワールドカップでも、あの夢のような場面が見られるだろうか。……見られたらいいなぁ。