投稿日 :

どこまでも重く濃い、富山の冬の海

久しぶりの青空となった休日を、自宅で仕事をして1日つぶしてしまった翌日。雪がちらつく曇り空の中、いつもの漁港散歩に出かけると、わずかな時間だが、青空が顔をのぞかせてくれた。

雪の積もった漁船の上で、つかの間の日向ぼっこをするカモメたち。まわりに広がる冬の海の色は、夏の海と違い、どこまでも重く濃い青色だ。静かに波打つ、ぬめっとした海面と相まって、それはまるで液体金属のよう。

美しくもあり、怖くもある。そんな富山の冬の海。