投稿日 :

十五少年漂流記 ジュール・ヴェルヌ

うちの会社に夏休みなんてモノはないけれど、世間は夏休みシーズンなので、何かそれらしいものを読んでみようかなということで、子供のころ、夏休みの読書感想文のために買った、ジュール・ヴェルヌの『十五少年漂流記』を久しぶりに読んだ。

ジュール・ヴェルヌといえば、この『十五少年漂流記』のほかにも、ディズニーで映画化もされた『海底二万里』や、『地底旅行』『月世界へ行く』『八十日間世界一周』などといった、少年読物やSF小説が有名で、子供のころ、ヴェルヌ作品を何冊か読んだことがあるという人も多いことだろう。

そんなヴェルヌ作品の中でも、おそらく、日本では一番有名だと思われる『十五少年漂流記』。ものすごく久しぶりに読むためか、改めて読み直してみても新鮮で、この100年以上前に発表された物語の中に入り込み、あっというまに読破してしまった。

ただ、やはり子供向けに、内容が簡素化されており、ところどころ、シーンが急展開すぎたり、端折られているんだろうなという部分があったりして、なんとなく消化不良気味の感じも少し……。

原題直訳の『二年間の休暇』というタイトルで、内容も簡素化されていない完訳版があるらしいので、機会があれば、是非そちらの方も読んでみたいと思う。