投稿日 :

バンカーなんか怖くない 喜多嶋隆

喜多嶋隆の新刊、『バンカーなんか怖くない』が光文社文庫より。たった3本のクラブでゴルフの大会に出場する、日系ロコガールの物語、第2弾。

ハワイのゴルフ界で少し有名になった16歳の少女ユウだが、たった3本のクラブのうちの1本、SWを壊してしまってからスランプにおちいる。今回は、ユウのゴルフクラブにスポットを当てたストーリー。

第1弾が結構面白くて、シリーズ化を期待していただけに、第2弾の発売は素直にうれしい。少しずつ成長していくユウのストーリーを、充分に楽しむことができた。今回も大満足だったので、今後の続編にも期待したい。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL

https://pocket-base.com/blog/2008/12/im-not-afraid-of-bunker/trackback/