投稿日 :

GraphicConverter

Mac OS用グラフィックユーティリティとしては定番といえる、Lemke Softwareの「GraphicConverter」。古くからのMacユーザにはおなじみ。以前はMacにバンドルもされていたので、使った事がある人も多いかな。

今まで、結構な頻度で機能追加のバージョンアップを繰り返してきたが、ずいぶん前からずっと無償バージョンアップだった。本当にありがたい。そして先月、バージョンが6.0と新しくなり、久しぶりの有償バージョンアップ。当然、今までの感謝も込めて、アップグレードをさせてもらう事に。本当に、何年ぶりだろ?

以前は、画像の変換や編集などに、ほとんど「GraphicConverter」を使っていた。その後、Photoshopを購入してからは出番が減ったものの、対応している画像形式の豊富さやバッチ処理の簡単さなど、Photoshopより便利な部分もあるし、画像ビューワーや単純な画像編集にはいまだ現役だ。「GraphicConverter」には、これからも、まだまだお世話になるだろう。