投稿日 :

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

ホイチョイ・プロダクションズ原作の『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』を観てきた。ホイチョイといえば『私をスキーに連れてって』『彼女が水着にきがえたら』など、まさにバブル全盛の時代にヒット作を生み出してきたプロダクション。そのホイチョイが、バブルの時代へタイムスリップというネタで新作を公開。

財務省は偶然タイムマシンを発明した研究者を1990年へ送り込んだ。目的はバブル崩壊の引き金となった大蔵省通達を阻止するため。だが、送り込んだ研究者からの連絡が途絶えたために計画は頓挫する。しかし、研究者に娘がいる事が分かり今度はその娘に白羽の矢が立った。まあ、ここまではありがちな設定だがある意味王道といったところか。意を決し、母親の救出と日本の歴史を変えるという重大な任務を背負って乗り込むタイムマシンは、何故かドラム式洗濯機……。何故か? それはこの映画が日立製作所とのタイアップだから。いや、もうなんだかバカらしくって面白い。

娘役の広末涼子がバブル全盛の時代に乗り込んでからの映像は、とにかく懐かしくて楽しい。ディスコにユーロビート、ボーイズ・タウン・ギャング、リンドバーグにプリプリ。紺ブレ、ワンレン、ボディコン。ティラミスにサントリージアス。資生堂の今井美樹や鉄骨娘のCF。他にも、当時を知る人には分かる細かいネタがあちこちにいっぱい仕込まれている。

あのメチャクチャな時代を反省しているわけでもなく、揶揄するでもなく、とにかく難しい事は考えずに「バブルって、サイコー!」と楽しんでしまおうと作られたのがこの映画だと思う。ある意味バブル的思想かな。まあ、その割り切り方がこの映画の良さなのかもしれない。とにかく、この時代が懐かしいと感じる世代にはお勧めの映画だろう。