投稿日 :

ナチョ・リブレ 覆面の神様

ジャック・ブラック主演の笑撃的感動ムービー『ナチョ・リブレ 覆面の神様』。教会の修道院で育てられた典型的なダメ男のナチョ。そんなナチョだが、心はきわめてピュアで内には熱い想いを秘めていた。孤児たちに美味しいものを食べさせてやりたい。修道院を救うため、涙をマスクで隠しリングに挑む。彼は自由の戦士ナチョ・リブレ!

馬鹿馬鹿しくて、くだらなくて、情けなくて、お粗末で。もう、すべてがB級。だが、それがいい。そういうのを理解して楽しめる人向きの映画。逆にダメな人にはまったくお勧めできない映画。好き嫌いが分かれるだろうな。こういうのは結構好きなのだが、観に行った時の客入りは、今一つどころかガラガラの状態だったし。

おそらくメキシコの伝説的なルチャドール「暴風神父 フライ・トルメンタ」の実話が元ネタなんだろう。フライ・トルメンタの話は梶原一騎原作の『タイガーマスク』の原案とも言われているし、特にプロレスファンには有名だよね。しかし、あの感動話をよくここまでドタバタのコメディ映画にしたなぁ。