投稿日 :

テレキネシス 第1巻 芳崎せいむ

芳崎せいむの『テレキネシス 山手テレビキネマ室』第1巻を購入した。たまたま本屋で見つけたのだが、同じ作者の『金魚屋古書店出納帳』が結構面白かったのでこちらはどうかな? と期待をして購入。

『金魚屋古書店出納帳』は一冊の古書を通してストーリーを展開していたが、『テレキネシス』はそれの映画版って感じ。TVの深夜映画放送を手がける部署を舞台に、古き良き名作映画を紹介しながらそれにからめて人間模様を描くと言う、なかなかマニアックな作品。

あまり古典映画って観ないのだが、簡単な映画紹介のページもあって結構楽しめたかも。