投稿日 :

金澤ななほしカレー

金沢市役所横に、昨年の12月初旬オープンした「金澤ななほしカレー」。金沢21世紀美術館もすぐ側なので、先日美術館に行ったときにランチを食べてきた。

金沢といえば、独特の味とスタイルで全国的にも有名になった「金沢カレー」があるが、あちらは押しの強い男性的な感じ。対して「金澤ななほしカレー」は、金沢の歴史や伝統を表現したような、女性的なカレーのように感じられる。

世界で一番金沢らしい“金澤カレー”という謳い文句のカレーは、肉や野菜、お米や調味料など、地元の食材を使用し、砂糖・小麦粉をいっさい使用していない、身体に優しいカレー。それでいて、しっかりとしたスパイス感も味わえる。結構好きな味だった。

メニューには単品のカレーもあるが、種類は多くない。基本は、最近はやりの相がけスタイルな「金澤ななほしカレーセット」なのだろう。まわりを見てもこれを食べている人が多かった。カレーとトッピングが選択できて、スープとピクルス、デザートも付いてくる。量はそんなに多くないけれど、最近は少食になってきたのでこれくらいで充分。

今回はチキンカレーと豆カレーの相がけを食べたのだが、今度は違う種類のカレーも食べてみよう。いままで、金沢中心街に行ったときに食べるカレー屋さんはいつも決まっていたけれど、新しく選択肢が増えて嬉しいな。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2016/03/nanahoshi-curry/trackback/