投稿日 :

生誕百年記念 井上有一

金沢21世紀美術館で開催されていた、書家・井上有一の大回顧展「生誕百年記念 井上有一」。見たいと思いながらもなかなか行けずにいたのだが、ぎりぎり最終日になんとか行くことができた。

戦後の日本現代美術を代表するひとりとして、世界的にも高い評価を得ている現代書家の井上有一。今回の展覧会では、各地の美術館蔵の作品だけでなく個人蔵の作品まで、書かれた時期も初期から晩年まで、200点を越えるさまざまな作品が集められていた。

井上有一の書はとにかく美術的だ。書道の一般的なカテゴリには納まらず、自由に心の中の言葉を、「文字」ではなく「カタチ」として具現化しているように感じられる。書でありながら、絵画的でもあり彫刻的でもある。そんな、型破りで自由な作風であるため、一文字書はまだ読むことができるモノはあるけれど、そのほかの多文字書などは読むことが困難なモノが多い。それでも井上有一の作品の前に立つと惹き付けられてしまう。もしかすると、日本語を読めない外国人が書を見て芸術性を感じるのは、こういう感覚なのかもしれない。

実は、一番見たかったのは群馬県立近代美術館蔵の「噫横川國民學校」という書なのだが、残念ながらそれは2月14日までしか展示していなかったようだ。やっぱりもっと早く見に行けばよかった……。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2016/03/inoue-yuichi/trackback/