投稿日 :

rotring 300/2.0mm 芯ホルダー

仕事やプライベートで、アイデアスケッチやメモ書きのために、常に持ち歩いている筆記具といえば、「rotring 300/2.0mm 芯ホルダー」だ。

芯ホルダーとは、鉛筆と同じような芯だけを、専用のホルダーに入れて使用する、鉛筆の柔らかな書き心地と、シャープペンシルの機能性を兼ね備えた、便利な筆記具。使用しているのは、さまざまな用途に使いやすい2.0mm芯用。

芯ホルダーは、さまざまなメーカーから出ており、値段も、それこそピンからキリまで揃っているが、製図ペンの代名詞ともいえる「rotring」というブランド名と、気軽に使える安さから、rotring 300/2.0mm 芯ホルダーを使用。

もちろん、安いといっても、そのブランド名は伊達じゃない。使い心地も良く、結構昔から毎日のように使ってきたが、いまでも現役で大活躍。ただ、これからも長い付き合いになりそうだが、「KOH-I-NOOR」の木軸タイプも気になる今日このごろ……。

ところで、このrotring 300/2.0mm 芯ホルダーだが、実は、軸尾のキャップ部分が簡易芯研器になっている。外出時などにはとても便利なのだが、キャップに詰まった削りカスを掃除するときに、机などに「バンバンバンバン!」と叩きつけるので、周りから注目を集めてしまうのが、ちょっと恥ずかしい。

フィードバック

  1. minakaz より

    「rotring」何だか懐かしいッす
    墨入れやってたの思い出します。
    最近はほとんど安いボールペンだなぁ
    今も、ほぼ日手帳の2008年版に付いてきた3色ボールペン。
    クリップがすぐに折れちゃった2009年版の赤インク芯を
    短く切って移植しながら使ってます。

  2. Hannya より

    鉛筆はrotringの芯ホルダーだけど
    ボールペンはZEBRAの三色ボールペンだなぁ。
    あと一応シャープペンシルも持ち歩いているけれど
    芯ホルダーばかりでほとんど使ってないや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2009/12/rotring-300/trackback/