投稿日 :

Panasonic DIGA DMR-BW830

年末年始のセールで安くなっていた、ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー「Panasonic DIGA DMR-BW830」を購入した。今まで使っていた、東芝のRD-XS36はリビングのテレビへ移動。

年末年始のセールというだけではなく、今月中か来月あたりに、Panasonic DIGAの新型が出そうなので、このあたりの価格が買い時かなと。

これで、普段はハイビジョンでテレビを見ているのに、録画はアナログの画質でしか見られないという、残念な環境からは脱出することができた。ちなみに、ケーブルテレビのSTBもPanasonic製に変更したので、これで、テレビとSTBとレーコーダーが、すべてPanasonic製となった。ソニーっ子だった昔を考えると、信じられない環境かも。

接続は、テレビとDIGAがHDMI端子。テレビとSTBは映像がD端子で音声はRCA端子。STBとDIGAは映像がS端子で音声はRCA端子で接続し、Irシステムも接続して、STBからDIGAに録画予約ができるようにした。

STBとDIGAをi.LINK接続にすれば、ケーブルテレビのCSチャンネルもハイビジョン映像で録画できるようだ。しかし、DIGAにVHS/DVDプレイヤを繋げるためのセレクタも兼ねて、某画像を安定させる装置を間に入れているために、i.LINK接続は使用していない。この辺りが要らなくなれば、そのうちi.LINK接続に変えるかも。

やっと操作にも慣れてきて、使い倒している所だが、今まで東芝製レコーダーを使っていた身としては、機能的にいろいろ残念なところはある。しかし、しばらく使えばこれが普通になってくることだろう。

ああ、あと肝心のブルーレイソフト。まだ何も持ってないんだよね。まだそんなに多くはないようだが、好みの映画はブルーレイ化がされているだろうか? ちょっと調べてみよっと。何を買おうかな〜。

追記(2009-01-08):
早速Panasonic DIGAの新型が発表されたようだが、気になる新機能はあまりないようなのでよかったよかった。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2009/01/panasonic-diga-dmr-bw830/trackback/