投稿日 :

Canon PIXUS MP980

今年の年賀状は、新しいプリンタに買い替えて印刷した。買ったのは、「Canon PIXUS MP980」というプリンタ&コピー&スキャナの複合機。

当初はプリンタを買う予定ではなく、なにか安いスキャナを買おうと物色していたのだが、この複合機のスキャナ性能が結構よく、その他の機能にも魅かれたので急きょ購入決定。

プリント品質に関しては、どのプリンタだろうと問題ないレベルだし、3年前に買ったプリンタでも十分に綺麗だ。ということで、決め手のひとつはスキャナの品質。単独の安いスキャナや、EPSONの複合機のスキャナはCISタイプだが、MP980のスキャナは、本の綴じ部など凹凸のある原稿も綺麗に読み取れ、読み取り速度も速いCCDタイプ。やはり、この差は大きかった。

また、MP980はLAN機能が搭載されているので、LANの中に入れれば、USBでパソコンに直接繋げなくても、好きなところにプリンタをおいて、好きなところからプリントができる。有線LANと無線LANの両方が搭載されているが、設置場所がLANの線が簡単にとれるところだったので、今回は有線LANで繋ぐことに。もちろん、プリントだけではなく、スキャンもLAN経由で可能。設定も簡単で、さっそくフル稼働している。

十分に満足しているCanon PIXUS MP980なのだが、検討していた他機種にも結構魅かれる機能があった。特に、EPSON EP-901Aでは、前面の二段カセットで給紙ができたり、CD/DVDトレイも内蔵されていたり、コピーやスキャナ用のオートドキュメントフィーダが搭載されていたりと、かなり便利でずいぶんと悩んだ。

しかし、いろいろな機能を天秤にかけながら、選んだのはCanon PIXUS MP980。今まで自分の環境に無かった機能がずいぶん増えているので、勉強しながら、どんどん活用していこうと思う。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2009/01/canon-pixus-mp980/trackback/