投稿日 :

棟方志功鯉雨書画展

南砺市立福光美術館で、この3連休まで開催されている「棟方志功鯉雨書画展」。行こうと思いながらなかなか行けず、結局終了間際になって行ってきた。

棟方志功といえば板画(版画)が有名だが、この棟方志功鯉雨書画展では、福光へ疎開していた時代に描かれた、倭画や板絵、油画といった肉筆画を中心に展示されていた。

また、福光美術館から、車で10分弱離れたところにある、棟方志功の福光時代の住居「鯉雨画斎」にも行ってきたが、そちらには、板戸や厠の壁、柱や天井など、さまざまなところに描かれた肉筆画が。

板画もいいけれど、板を介さずに直接描かれた肉筆画というのも、棟方志功の感情が直接伝わってくるような感じがして、版画とはまた別のよさがあり、棟方志功の魅力を存分に楽しむことができた。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/11/munakata-shiko-riusyoga-ten/trackback/