投稿日 :

web plamo

ネット上でプラモのパーツを集め、組み立てて鑑賞するサイト「web plamo」。「飛空挺版」と「恐竜の骨版」と「お肉版」があるが、現在公開されて楽しめるのは「飛空挺版」のみ。その他は、まだデモ版だ。

遊び方は、1日につき1パーツを入手して組み立てていく。最初にできることは、ただそれだけ。以前から、毎日こつこつとパーツを集め、やっと自分の飛空挺が完成した。

組み立てが完成すると、デカールを貼り、レンダリングを依頼する。そうすると、レンダリングの完了した機体の、3Dデータやアニメーションデータがダウンロードできるようになる。その後は、サイトから入手できるジオラマアプリケーションにデータを取り込み、自分で組み上げた機体を、思う存分鑑賞し放題。といっても、私のは、依頼してあるけれどまだなんだよね。今後は、飛行大会なども計画されているらしい。

このサイトは、Adobe AIRコンテストで審査員特別賞を受賞したサイトで、そのコンテスト名どおり、Adobe社による最新技術「Adobe AIR」で制作されている。いわゆるデスクトップアプリケーションってヤツ? まあ、最近の技術には付いていけてないけれど、楽しければそれでオッケー。

飛空挺も楽しいが、デモを見ていると「恐竜の骨版」も結構楽しそうなので、早く遊べるようにならないかな。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2008/08/web-plamo/trackback/