投稿日 :

怪獣と20世紀の夢 開田裕治展

金沢21世紀美術館で「怪獣と20世紀の夢 開田裕治展〜21世紀につなぐ幻想とロマンの系譜〜」が、今日まで開催されていた。最終日前日の昨日、こちらも怪獣関連で唐沢俊一の講演があるという事で、そちらも目当てに観に行ってきた。

開田裕治といえば、ガンダムシリーズのプラモデルパッケージのイラスト。また、ゴジラシリーズやウルトラシリーズなどのLDパッケージのイラストなどが有名。まあ、そのあたりに特に詳しいって訳でもないので、名前を言われてもピンと来なかったりはしたのだが、そう言われれば「ああ、あのイラストを描いていた人か。」と納得。実際に原画を見ても、子供の頃からよく目にしてきたイラストばかりだった。

原画を見ていると、古い作品などはリキテックスでの手描きだったが、途中からはほとんどPhotoshopで描いているようだ。リキテックスでの作品ほどの質感と風合いはないが、それでも最近のものになるとそれに近い雰囲気の仕上がりで、ほんと綺麗だったなぁ。展示スペースは狭かったけれど、かなり満足。

ちなみに唐沢俊一の講演の方は「三丁目の怪獣〜高度経済成長と怪獣ブーム」という題目で、かつて下町の娯楽の王者だった紙芝居と、その中に出てきた怪獣についてのお話。また、講談師の旭堂南湖による紙芝居講談「原子怪物ガニラ」が。かなり長編なようで途中までだったけれど、最後まで聞きたかったな。

ところで、子供の頃によく見ていた怪獣といえば、その存在自体にメッセージが含まれたものが多かったけれど、最近の怪獣ってどうなんだろう。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2007/04/kaidayujiten/trackback/