投稿日 :

15秒の奇跡 喜多嶋隆

知らぬ間に刊行されていた、喜多嶋隆のCFギャング・シリーズ最新刊、光文社文庫の『15秒の奇跡』。喜多嶋隆の文庫本はほとんど持っているのだが、はまるきっかけになったのがこのシリーズだ。

30秒のCFに命をかける男、流葉爽太郎。のはずが、今回は15秒オンリーという依頼。潰れかけていたアパレル・メーカーの社運を懸けた15秒のスポットCF。爽太郎が起用したのは一人の女性ヨット・カメラマン。

水戸黄門のようないつもの展開と結果で、安心して読める。相変わらず爽やかな喜多嶋ワールドを十分堪能させてもらった。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2005/05/15second/trackback/