投稿日 :

Photoshop CS5からTWAINプラグインでスキャナを使う

待ちに待ったAdobe CS5 Web Premiumをインストールした翌々日、虎の子のMacBook Proが故障。一昨年に公表された、NVIDIAのGeForce問題だったため、無償修理となり一安心。まさか、CS5がグラフィックカードを酷使したからということはないと思うが……。

数日で手元に戻ってきたけれど、その間の分も含め、今はガシガシと、CS5をいじり倒している。

Creative Suiteの中でも一番良く使うソフトといえば、やはり、今年誕生から20周年を迎えたPhotoshop。最初のバージョン1.0から、ずっと使い続けており、手放すことができない必須ソフトだ。

今回は、CS4を飛ばしてCS5にアップグレードしたこともあり、新機能がかなり増えたうえ、インターフェイスもずいぶん変わっている。おかげで、何かをするたびに戸惑いが。これは慣れていかないと。

ところで、便利なツールに進化しているPhotoshopだが、CS4からTWAINプラグインのサポートが外されたということで、使用しているCanonの複合機、PIXUS MP980のスキャナが、Photoshop CS5から使えるかが心配だった。

確かにインストールしたままではまったく使用できなかったのだが、AdobeのサイトからPhotoshop CS5用のオプションプラグインをダウンロードし、その中に含まれている“TWAIN.plugin”を、“/Applications/Adobe Photoshop CS5/Plug-ins/Import-Export”内にコピーすることで、無事にスキャンのメニューが登場。

このプラグインは32bitオンリーとなっていたので、スキャンをおこなう時には、その都度Photoshopを32bitモードで起動しなければならないのは面倒そうだなと思ったのだが、Photoshopを64bitモードで起動したままでも、メニューからMP980のスキャンソフトのScanGearが起動し、スキャンも問題なくおこなうことができた。

ちなみに、Photoshop CS5用のオプションプラグインは、現在英語版専用のモノしか公開されておらず、Photoshop CS5日本語版での動作は保証されていない。日本語版のプラグインも準備中とのことなので、急ぎでなければ、そちらの公開を待った方がよいだろう。

追記(2010-6-19):
日本語版用のプラグインも公開されたようだ。