投稿日 :

島のスパイス&カリー SRi LaNKa KiTCHEN

普段と同様、金沢へ行った時でもランチにカレーを食べることが多いけれど、いろいろな店をローテーションしながら、たまに行っているのが、金沢21世紀美術館ちかくの柿木畠にある、「島のスパイス&カリー SRi LaNKa KiTCHEN」だ。

ここは、金沢の南インド・スリランカ料理の名店「SPICEBOX」の2号店。SPICEBOXは夜の営業だが、SRi LaNKa KiTCHENはランチのみの営業となっている。

スリランカでは、1日3食、365日カレーを食べるそうな。そんな“カレーの国”スリランカの、伝統的なカレーが味わえるお店。

スパイシーだけれども、魚のダシがベースとなっているそうなので、日本人にも馴染みやすい味。モルディブ・フィッシュだっけ? あっちのほうにある、鰹節に似たやつを使っているのかな。

この日も、バナナの葉っぱの上に、ごはんとカレー、野菜の炒め物などが乗っかった「バナナリーフランチ」を食べた。葉っぱの上で、それらをすべて混ぜ合わせて、いろいろな食材とスパイスの調和を楽しむ。本当なら手でコネコネしながら食べたいところだが、弱なのでスプーンでいただく。そのうちに。

あぁ、あと、まだ食べたことないけれど、バナナの葉にくるんで香りづけしたスリランカの炊き込みごはん「ランプライス」も気になっている。今度行った時には食べてみようかな。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2017/08/sri-lanka-kitchen/trackback/