投稿日 :

ベッドとマットレスを、ASLEEPに

数年前に酷い“ぎっくり腰”をやってから、いつも腰に気を使いながら過ごすようになっていた。それでも、少し軽めの“ぎっくり腰”を繰り返しているので、ちょっとでも腰のためにと、古くなったベッドとマットレスを、アイシン精機の「ASLEEP」に一新した。

これまで何十年も使っていたベッドは、上で動くたびにミシミシと音が。マットレスはというと、ヘタって腰の部分が落ち込み、場所によってはスプリングが身体に当たる。こんな状態で一晩中寝るのは、身体にいいはずがない。最近は、寝返りもほとんどしていなかったようだ。

それならば、少しでも身体に、とくに腰への負担が少ないマットレスに替えようと、地元の寝具店まわりをして、いろいろなメーカーのモノを試していた。希望は、沈み込みが少なく硬めで、体圧分散性が良いマットレス。田舎なので、実際に試せる選択肢は少なかったけれど、いくつか良さそうな候補が。

まず、最初に行ったお店で勧められたのが、今回購入したASLEEPの「ファインレボマットレス」。ベイマックスみたいなキャラや、稲村亜美が出ているCFを見たことがあったので、何となく知っていた。これは、スプリング代わりに、独自素材の“ファインレボ”が使われており、試してみると、硬さは普通だが、しっかりと身体全体を支えてくれるような寝心地で、寝返りもしやすそう。ただ、ちょっと値段がお高かった。

ほかのお店もいろいろとまわってみた。体圧分散性がよく高反発といえば「マニフレックス」。お手ごろ価格で寝心地も良かったけれど、このイタリア製マットレスは、湿度の高い富山では、メンテが大変そう。シェララフィアの「ゲルテックス」も気持ち良かったが、これはもう少し体重が軽い人向けな感じ。重いので……。フランスベッドの、ブレスエアーが入った「ボディーコンディショニング」も良かったが、これもお高い。敷布団系でも探してみようと、東京西川の「整圧敷きふとん」や「エアー」、昭和西川の「ムアツ」も試してみると、これも結構いい感じ。

いろいろ考えすぎて、何だか分からなくなっていたところに、最初のお店が大展示会をするというので行ってみると、お高かった「ファインレボマットレス」を、結構値引きしてもらえた。同じASLEEPのベッドフレームを付けても、ちょっと奮発すればいけそうだったので、思い切って購入することに。やっと決まったぁ。

ファインレボシリーズでもいろいろあったけれど、選んだのは、少し硬めでしっかりした寝心地な「ファインレボ+ウレタン」のタイプ。今までと違う寝心地に、最初は違和感があったけれど、約半月使った今では、このマットレスに身体が馴染んだのか、あまり硬いとも感じなくなった。どうかこのまま腰の調子も良くなりますように。

人生の3分の1は、睡眠が占めている。そんな長い時間を過ごす、ベッドとマットレス選びは、やっぱり大事だね。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2017/08/asleep-fine-revo/trackback/