投稿日 :

田尻池で白鳥と鴨と立山と

富山県内で白鳥の越冬飛来地といえば、やはり富山市池多の田尻池が有名だ。毎年11月頃にシベリアから飛来し、3月頃までの間、この池で越冬している。

立山連峰が綺麗に見えていた休日の午後、ドライブがてら田尻池まで行ってみた。池に着くとたくさんの鴨などは居たけれど、白鳥は4羽だけ。まあ、いつも夕方頃から朝までこの池に居て、昼間はほかの所へ出かけていることが多いので、こんなものかな。

田尻池とたくさんの野鳥たちと立山という、この季節ならではの景色を楽しみながら池の廻りを散策していると、ちょうど数羽の白鳥が池に帰ってきた。夕方頃に給餌があるので、それを目当てにみんな戻ってくるのかな。白鳥を見たいときは、やっぱり朝方に来るのがいいね。その時間だと、たくさんの白鳥に出会える。

田尻池の近くにある池多小学校では、児童による白鳥の調査や観察が続けられており、さまざまな活動をしている。大人も児童たちを見習い、勝手に野鳥に餌を与えないなどのルールを守って、この生息環境をずっと残していきたいものだ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2017/02/tajiriike-swan/trackback/