投稿日 :

リーディンググラスという名の老眼鏡

JINSのリーディンググラスを購入した。リーディンググラスというと何だかおしゃれな感じもするが、要するに老眼鏡だ。

最近は、薄暗いところで小さな文字が見えづらくなっていた。文庫本を読んだり、スマホを使うようになってからも、小さな文字を読む機会が多く、これはいよいよ老眼鏡の助けを借りなければならない年齢になったかと、少し凹んでみたり……。

なってしまったものは仕方がないので、何かひとつ持っておこうかなと。また、iPhoneやiPadを使う時にかけることも多そうなので、昨今流行りのブルーライトカットが付いているほうがいいなということで選んだのが、JINSのリーディンググラスだ。最近の老眼鏡は、そんなおしゃれな呼び方をするんだね。

SQUAREタイプのグレーで、度数は一番弱い+1.00。作りもまあまあで、そこそこお手ごろ価格。デザインも老眼鏡っぽくない。軽くて、折りたたんだ時の薄さが普通の眼鏡より薄いので、ポケットなどに入れて持ち歩くのも楽そうだ。

本当は、視力に左右差があるうえ片目に乱視も入っているので、オーダーレンズで、ちゃんとしたモノを作ったほうがいいのだろうが、まだあったらいいな程度の老眼なので、最初の老眼鏡はこのあたりのリーズナブルなモノで。

まだ使いはじめて数日だが、小さな文字がくっきり見えて、本を長い時間読む時も、今までより目の疲れが和らいだ感じ。これならもっとはやく買っておけばよかったな。

しかし、老眼鏡か……。もうそんな歳なんだなぁ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2017/02/jins-reading-glasses/trackback/