投稿日 :

除雪の毎日だけれど、つかの間の立山連峰

まだ冬が始まったばかりの12月だというのに、朝晩に除雪をしなきゃならない日が何度もある今冬。富山の雪が重いのは分かっているが、今年の雪はいちだんと重い気がする。すでに何日目かの除雪で両肩と腰をやってしまった。まだまだ冬は続くというのに、すでにもう雪は勘弁してという気分になっている。

そんな除雪の毎日だったが、年末の休みに入った途端に、富山の冬にしては珍しく晴れた日が二日続いた。そんな日に姿を現してくれるのが、雪化粧を施した立山連峰だ。眩しい日差しに真っ白な雪が照らされた立山連峰。その雄大で美しい景色は、数少ない富山の冬の楽しみのひとつだね。

週間天気予報によると、元日前後の五日間ほどは強い寒波がやってきてまた大雪の模様。どうやら、また雪に悩まされる毎日が来る前の、つかの間の休息だったようだ。あぁ、大掃除もしなきゃ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2014/12/tsukanoma-tateyama/trackback/