投稿日 :

ホンダがF1復帰を正式発表、マクラーレン・ホンダが復活!

ホンダが、2015年シリーズからF1へ復帰することを正式に発表した。マクラーレンとのジョイントプロジェクト。ホンダがエンジンとエネルギー回生システムを開発・製造し、マクラーレンへ供給。「マクラーレン・ホンダ」として活動する。

1964年から1968年、ホンダ単独チームで参戦した第1期。1983年から1992年、スピリットから始まり、ウィリアムズ、ロータス、マクラーレン、ティレルへとエンジンを供給した第2期。2000年から2005年は、B・A・R、ジョーダンへエンジンを供給し、2006年から2008年には、フルコンストラクターとして参戦を再開した第3期。そして今回、ホンダのF1活動第4期が、2015年から始まることが発表されたわけだ。

ホンダのF1黄金期といえば、間違いなくエンジンサプライヤーとして参戦した第2期だろう。1986年からは、ウィリアムズとマクラーレンで、6年連続コンストラクターズチャンピオンとなった。

なかでも1988年は刺激的な年だった。マクラーレン・ホンダとして、アラン・プロスト、アイルトン・セナをドライバーに擁し、年間16戦中15勝。ポールポジションも15回。コンストラクターズチャンピオン、ドライバーズチャンピオンを獲得。他チームを寄せ付けない赤と白のマシンの活躍に興奮したのを、今でも覚えている。

2015年からマクラーレン・ホンダが復活することになったわけだが、F1は来年より、現在のV型8気筒2.4L NAエンジンから、V型6気筒1.6Lターボエンジンの使用へとレギュレーションが変更される。

1988年に圧倒的な強さを誇ったときのホンダエンジンは、V型6気筒1.5Lターボエンジン。同様のターボエンジンでチームがマクラーレン・ホンダとくれば、当時を知る者として期待せずにはいられない。再来年が楽しみだなぁ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2013/05/mclaren-honda/trackback/