投稿日 :

三匹のおっさん 有川浩

有川浩の『三匹のおっさん』。単行本ではシリーズ化されて続編が出ているが、文春文庫からは、まだこの第一作目だけ。

道場の師範代も務めた剣道の達人、キヨこと清田清一。居酒屋の元亭主で柔道の達人、シゲこと立花重雄。工場を経営し機械いじりの達人で頭脳派、ノリこと有村則夫。かつての悪ガキたちも還暦を迎える歳となったが、「おじいちゃん」と呼ばれることには抵抗があり、まだまだ「おっさん」でいたい。そんな三匹のおっさんが、私設自警団を結成し、町内の悪を斬る──! 痛快“アラ還”活劇小説。

テンポよく転がっていくような小気味よいストーリー。三匹のおっさんだけでなく、孫と娘の高校生コンビが絡むあたりも、変化があって面白い。ある程度先が読める展開だが、ドキドキ、ワクワク、ニヤニヤとしながら、最後まで楽しめた。やっぱり、こういう鉄板モノって好きだな。

名前は知っていたけれど、有川浩の作品を読むのはこれが初めて。名前が浩なので男性だと思っていたら、「ひろし」ではなく「ひろ」で女性なんだね。

面白かったので続編も読みたいけれど、文庫化は再来年ごろかな……。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2012/12/3ossan/trackback/