投稿日 :

きみは心にジーンズをはいて 喜多嶋隆

中川凛、29歳。葉山で気ままなヨット暮らしを送る敏腕広告ディレクターだ。新たな仕事で対決することになったのは、米大統領選キャンペーンを陰で仕切ったと噂される大物だった。勝負は、女性100人の投票で決める「公開プレゼン」。凛がヒントにしたのは、結婚に悩む友人のひと言だった――。迷いながらも真っすぐに生きるすべての人たちにエールを送る、大人の青春小説。

喜多嶋隆『きみは心にジーンズをはいて』(光文社、2012年)、カバー

喜多嶋隆の新刊、『きみは心にジーンズをはいて』が光文社文庫より。

広告ディレクター件コピーライターの、中川凛が活躍するシリーズ。前作『きみがハイヒールをぬいだ日』のレビューで、「シリーズ化されればいいな」と書いていたが、嬉しいことに第2弾。

前作同様、自分の人生を、自分の思うがままに生きているヒロインだが、今作では少し心の迷いが描かれている。友人の心の迷い。自分自身の心の迷い。それでも、しっかりと進む道を決め、前を向いて歩き続ける様に、ちょっと勇気を貰える作品だ。

タイトルにもあるように、心に洗いざらしのジーンズをはいているような生き方。気取らず、素のままの自分でさっそうと。そんな風にできたら、どんなにいいだろう。

今作には、新しいライバルも登場したことだし、今後の展開にも期待したい。

そういえば、最近ジーンズをはいていなかったな。持っているジーンズの、ウエストがきつくなったからなんだけどね……。身体の方が、なかなか絞れないので、あきらめて新しいジーンズを買ってこうよっと。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2012/07/jeans-in-my-heart/trackback/