投稿日 :

地図を捨てた彼女たち 喜多嶋隆

用意された地図を捨て、新しい世界への第一歩を踏みだす4人のヒロイン! 舞台は長野、ハワイ、湘南、ロス。進路や恋、仕事など人生最大のターニングポイントの先に待つのは成功か、失敗か? 幸せか、ほろ苦さか……。それぞれの迷いや不安と闘いながら、勇気をもって自分らしい道を選び取っていく女性たちの輝きを描き出す。向かい風に負けずに前を向いて人生を進んでいく全ての人にエールを送る極上の青春小説集!

喜多嶋隆『地図を捨てた彼女たち』(角川書店、2012年)、カバー

喜多嶋隆の新刊、『地図を捨てた彼女たち』が角川文庫より。

生き方を選択するための地図を見ながら歩んでいけば、失敗の少ない人生を送れる。しかし、今作に登場する4人のヒロインたちは、その地図を捨て、自らの意思で歩み続ける決心をした。

その先がどんな道なのか、そこに何が待っているのか、誰にもわからない。しかし、勇気を持って、自らの意思でその道を選べば、たとえ困難な道でも、もし何かを得られるならば、それはきっと、地図にある用意された安全な道を進んだよりも、大きな喜びが得られるだろう。

人は皆臆病だ。常に安全な道がないかを探してしまう。その先の道がどうなっているのか、地図に出ているならば、それに頼ってしまう。しかし、ちょっとした分かれ道に差しかかった時、今作のヒロインたちのように、自らの意思で、自分らしい選択をしてみれば、もしかすると何かが変わるのかも。そんな勇気が欲しいなぁ。

ところで、今作のカバー表紙デザインだが、タイトルが縦書きになっているね。いままで、喜多嶋隆の光文社文庫のモノでは縦書きタイトルが何度かあったけれど、角川文庫のモノでは初めてかも。ずっと横書きだったので、ちょっと変わった感じ。

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2012/04/threw-away-the-map/trackback/