投稿日 :

ようやくMacBook ProをOS X Lionに

うちのMacBook Proも、ようやくOS X Lionユーザの仲間入りを果たした。

使用しているソフトやドライバの対応状況を調べながら、モタモタしているうちに仕事の方が忙しくなり、結局、OS X Lionの発売から2か月ほどたって、ようやくのインストール。

最初は普通にアップグレードインストールをしたが、やはりメジャーアップグレードなのだからと思い、サクッとクリーンインストール。すっきり~。

OS X Lionにしてから戸惑うという意見が多く見られるのが、従来と方向が逆になったスクロール。これは、OS X 10.6の段階でScroll Reverserというソフトを使い、事前に慣れておいたのでまったく問題なし。今では、仕事で使っているOS X 10.5のMacでも、OS X Lionと同じスクロール方向にして作業をしている。

OS X Lionにして、これは便利だと感じたのが、Dockに納まりきらないアプリケーションへのアクセスが簡単になったLaunchpad。それと、従来のExposéとSpacesに変わる、Mission Controlだ。両方とも、Magic Mouseからワンアクションで開くようにしたので快適快適。

VMware Fusionは、USサイトでプロモコードを使い、対応バージョンを格安で購入できたし、Canon PIXUS MP980も、プリントアウト、スキャニングとも対応ドライバで問題なし。いろいろと入れていたソフトもほとんどが使えている。

ひとつだけ問題があったのは、フォント管理ソフトのSuitcase Fusion。OS X Lionへの対応は現行バージョンのみ。使用しているのは古いバージョンなので、アップグレードをしなければならないのだが、Suitcase Fusionは例年この時期にバージョンアップがされている。ということで、今のところは見送り状態。どうするかな。

そうそう、Safariでのダブルタップによるスマートズームや、左右スワイプによるページ履歴の移動が快適すぎて、Magic Mouseをもつ手の指を、意味もなく動かしてしまうのは、ちょっと嬉しがりすぎだろうか?

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2011/09/macbook-pro-lion/trackback/