投稿日 :

She Is Wind 彼女は風のように 喜多嶋隆

戦後の混乱期を爽やかな風のように駆け抜けた少女がいた。岩倉可奈。18歳。アメリカ軍将校用のゴルフ場で働き、家族を支える日々。スコットランドで幼い頃から身につけたゴルフで、米軍将校たちをきりきり舞いさせる生きのいいヤマトナデシコだ。時代の大波のなかで、凛として自分を貫き、今このときを精いっぱいに生きる――そんな姿が勇気をくれる、感動作!

喜多嶋隆『She Is Wind 彼女は風のように』(光文社、2011年)、カバー

喜多嶋隆の新刊、『She Is Wind 彼女は風のように』が光文社文庫より。

物語は第二次世界大戦の前から、大戦中、そして戦後と、喜多嶋作品としては始めての時代設定。それでも、ヒロインの、背筋を伸ばし、まっすぐに前を向いて歩き続ける様は、いつもの喜多嶋作品だ。

現在、東日本大震災により、日本中が重苦しい雰囲気になっている。政府は迷走と暴走を繰り返し、マスコミは不安と悲しみを煽るような報道を続けている。被災地では、いまだ被害が拡大しており、いつ復興するのか予想もつかない。新燃岳噴火の傷さえ、まだ癒えていないというのに。

しかし、我々のおじいちゃんやおばあちゃんは、戦後の日本を復活させた。幾度の大震災も乗り越え復興してきた。今度は、今を生きる世代の番だ。

今作のヒロインは、敗戦で日本中が沈んでいた戦後でも、凛として自分を貫き、精いっぱいに生きている。そして、父親の残したつねにフェアーであれ。何に対しても、そして、誰に対しても……。という言葉を胸に、フェアーな生き方を貫いている。

世界中の注目が日本に集まっている、こんなときだからこそ、いま自分がすべき行動をよく考え、今作のヒロインのように、何に対しても、そして、誰に対しても、恥ずかしくない、フェアーな生き方をしなければと思う。

Be Fair. 〜フェアーであれ

フィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://pocket-base.com/blog/2011/03/she-is-wind/trackback/